YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

初訪韓4 #49焼肉で帳消し

img057.jpg IMAG0098s.jpg

進行方向を間違え地下鉄に乗ったり、一旦乗ったバスを降りて歩いたりしながら
大汗かきつつ何とか2日目の芸術の殿堂へ。
KBS交響楽団はN響的なものと聞いていたので、
現代作品が並ぶプログラムをさぞやカチっと演るものかと思いきや…。

#49【KBS交響楽団第661回定期演奏会】
10月21日(金)20:00 ソウル芸術の殿堂コンサートホール
指揮-咸信益(ハン・シンイク) カンソグnar アンディー・マイルズcl
●セオファニディス…The Magic Pumpkin Seeds
●キューン…Interchange with Different Movements
●ピアソラ…タンゴの歴史
●バルトーク…管弦楽のための協奏曲
3F-M1-1 D-20,000kw

前夜とうってかわって3階最後方の席。
最初作曲者クリストファー・セオファニディス(1967-)が現れ
韓国の民話「フンブとノルブ」に基づく"The Magic Pumpkin Seeds"を初演。
ナレーター(俳優カンソグ)付きで調性を持った非常に聞きやすい作品。
相当遠方の席だが、直接音もよく拾えていい響きの席だし
ホール全体も良く設計されていることを改めて感じた。

2曲目はロルフ・キューン(1929-)の"Interchange with Different Movements"。
ドラム・ベース・ピアノにクラリネットのジャズ群を
オーケストラが伴奏するという韓流ドラマのテーマ音楽みたいなところと
ビッグバンド系の音楽がクロスオーヴァ―した感じ。
マイルズclのアンコールはジャムセッションで、ちょっと定期演奏会には違和感。
3曲目はピアソラ「タンゴの歴史」。
これも11-10-8-6-4の弦5部にob・fl・cl・fg各1のマイルズのソロ。
まぁ、ピアソラである。

休憩後、いよいよオケコン。
前半のプログラムは良くても悪くてもさっぱり判らないが、
この曲は何と言っても20世紀の名曲。ところが、うーん。
アーティキュレーションの不統一や、弦と管で縦の線が合わなくなったりと
およそ前夜のソウル・フィルとは雲泥の差。1楽章の最後など、アンサンブル崩壊。
まともに3日間リハーサルし、前夜同演目で演奏会したのか疑いたくなる内容。
ジャズっぽい曲が続く前半とオケコンの落差があるプログラミングといい
首を傾げる演奏会だった。
後で聞いたところでは、オケとシキサの関係が悪化し
まともにリハーサルできなかったらしい。それなら、ねぇ。

終演後、マイミクさんとその連れの3人で
「カンガンスルレ新林店」 にて焼肉をいただく。これがもう(^_^)v。
あまりに通常量をオーバーしてひたすら肉を食ったため、
「ドラえもんみたいにまん丸になってますよ」と言われ苦笑^^;。
でも美味しかったんだもん(*^_^*)。
その後鍾路の飲み屋にマイミクさんと移動。3時近くまで飲む。美味し。
  1. 2011/10/23(日) 20:00:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<初訪韓5 最初から最後まで慌ただしく | ホーム | 初訪韓3 板門店にて国を想う。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yosibei.blog10.fc2.com/tb.php/744-7864b5d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。