YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#57 晩秋「ミサ・ソレムニス」

img062.jpg

秋も深まり12月になると「第九」の季節がやってくる。
しかし、もはや「第九」は年に一度聞けばお腹いっぱいだし
普段コンサートに来ない客層も多くいい環境で聞くことができず、
面白くない思いをすることも多い。
ベートーヴェン晩年の傑作なら「ミサ・ソレムニス」の方がよほど聞きたい。
先日の都響定期で「ドイツ・レクイエム」を聞いて以来、
この演奏会に行くことを決め、楽しみにしていた。

#57 【藝大フィルハーモニア・合唱定期演奏会】
11月18日(金)19:00 東京藝術大学・奏楽堂
指揮―高関健 藝大フィルハーモニア
中江早希S 谷地畝晶子A 田口昌範T 氷見健一郎Bs
同大学音楽学部声楽科学生(合唱)
●ベートーヴェン…ミサ・ソレムニス
25-23

Kyrieから強烈な合唱の力に圧倒された。
舞台の半分近くがソプラノで、ホールのキャパからすると
ややうるさい感もあったが。
演奏会の性格上致し方ない所はあるけれど、
あれほど声量なら半分の人数で透明感のある合唱を聞いてみたい気もする。
12型対向配置の藝大フィルハーモニアを率いる高関は
自分の予想より快速テンポで押しきったが、
この演奏会に関しては、いつも誠実に譜面に向き合う彼の美点が
最大限に発揮され迷いのない音楽。
余計なヴィブラートの少ない独唱陣は好ましかったし、
Dona nobis pacemでは心透き通るいい演奏だった。
いつか巨匠と呼ばれるであろう高関を聞き続ける決意を新たにした。

気分よく奏楽堂を後にしたのはいいが、浅草で知人と初神谷バー。
そこでの電気ブランがかなり効いたらしく、新宿で街路樹に水やり^^;。
情けない。
  1. 2011/11/19(土) 12:43:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<#58-59 場の違いと空調と | ホーム | #56 毒はないけど高関健を想う。>>

コメント

ありがとうございます

中江さん谷地畝さんのファンです
突発クレーム対応のため聴き逃しました
どんな様子か気になってたのですが
良い演奏会だったと知りうれしいです
ありがとうございました
  1. 2011/11/24(木) 02:31:58 |
  2. URL |
  3. Gustus #hGW.VBoU
  4. [ 編集 ]

☆Gustusさん☆
この曲、ヘンにオペラティックな歌い回しでやられるとしらけることもあるのですが
私は独唱陣を好ましく聞きました。
粒ぞろいというか、不必要に突出したところのない歌唱だったと思います。
コメント、ありがとうございましたm(__)m。
  1. 2011/12/02(金) 00:19:10 |
  2. URL |
  3. Yosibei(管理者) #YtTibaOg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yosibei.blog10.fc2.com/tb.php/755-5b4b4f23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。