YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#58-59 場の違いと空調と

img063.jpg

東京芸術劇場改装中でオペラシティでシリーズを持っている読響。
スクロヴァのABr8はここで聴いたけれど、
カンブルランはここでどんな音を出すのか、楽しみにしていた。
海繋がりプログラム。

#58 【読売日本交響楽団第7回オペラシティ名曲シリーズ】
11月24日(木)19:00 東京オペラシティ・コンサートH  
指揮―シルヴァン・カンブルラン 林美智子Ms
●メンデルスゾーン…序曲《フィンガルの洞窟》
●ショーソン…愛と海の詩
●ワーグナー…歌劇《さまよえるオランダ人》序曲
●ドビュッシー…交響詩《海》
1F29-23

カンブルラン操る読響は、ふわりとした軽さも出すという印象だったけれど
「フィンガル」も「オランダ人」も昔の読響のようにやや鈍重に感じた。
ショーソンは初めて聴いたけれど、林美智子Msは軽やかさも華やかさも十分。
もう少し言葉が立った方が自分は好きだけれど、
専門家はきっとあれが正しいというのかなぁ。
「海」はもちろん悪くないと思うけれど、
自分が予想したよりはやや北海に近い海のような気がした。
もちろんドーヴァーも北海も行ったコトはないので、あくまで印象^^;。
終演後は新宿で同行した友人Fと一献。かなり遅くまで痛飲。

img064.jpg

#59 【練馬交響楽団第54回定期演奏会】
11月27日(日)14:00 練馬文化センター
指揮―井正浩
●シベリウス…交響詩《フィンランディア》
●エルガー…《エニグマ》変奏曲
●シベリウス…交響曲第2番
2F-H7

知人が出演しているということで、日曜日は練馬へ。
このホール3回目で気づいたが、響かないのはともかく空調が酷い。
前回「悲劇的」で風邪気味だから気持ち悪くなったと思っていたけれど
演奏会が進むに連れやたら熱いし、直接肌に感じるほど風量が強い。
おまけに大太鼓かシンバルのppかと思うほどの(空調としては)轟音。
正直演奏に集中できない。

井の指揮そのものは09年8月にフライハイトとのABr7、
その後11月に手兵ソルノク市響でハンガリーものを聴いている。
JSib2の2楽章ではかなり長くパウゼをとって、これはちと違和感があったけれど
誠実な音楽だし、後ろから見ているとデュトワに似ている棒さばき。
アンコールは「カレリア」から行進曲。何かホッとして終演。
ちなみにこの演奏会後、またiPhoneでは「エニグマ」ヘビロテ中。
  1. 2011/11/30(水) 15:02:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#60 見えない残響と闘う | ホーム | #57 晩秋「ミサ・ソレムニス」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yosibei.blog10.fc2.com/tb.php/756-0be03442
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。