YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#13-14 録音と実演

img074_20120407182101.jpg IMAG0287.jpg 3447.jpg

今年は意識的に演奏会(とその後の酒w)を絞っている。
歳と共に感興の衰えを感じることが多く、たくさん聞いても
心が熱くなるような演奏会はそう滅多にないから。

#13【第15回 地方都市オーケストラ・フェスティバル《広島交響楽団》】
3月27日(火)19:00すみだトリフォニーH
指揮―秋山和慶 マーティン・スタンツェライトvc
●エルガー…チェロ協奏曲
●ブリテン…イギリス民謡組曲《過ぎ去りし時…》/シンフォニア・ダ・レクイエム
3LB30

ただ、若い頃から聞いてきた秋山和慶には寄り添うことにしたし
その手兵と、悪くない相性を持つ英国作品ということではこれは買い。
エルガーの協奏曲、なぜかドイツ人チェリストの実演に接する機会が多いが
ある種のスタンダード、デュ・プレと違い硬質な質感で弾かれること多し。

エルガーなどではわずかにピッチの不統一を感じさせていた広響が、
シンフォニアではガシッとした構築でこの曲の叙情と鋭さを両立させて表出。
近現代作品では、録音では良くても実演ではイマイチなものもあるが、
今夜はブラヴォー♪

#14【東京都交響楽団第731回 定期演奏会Bシリーズ】
3月29日(木)19:00サントリーH
指揮―エリアフ・インバル イリス・フェルミリオンMs ロバート・ギャンビルT
●マーラー…亡き子をしのぶ歌/交響曲《大地の歌》 
1F18-28

で、「大地の歌」。
「抒情交響曲」もそうだが、この曲こそ、
実演では真価が顕れ難い作品の最右翼ではないかと思っている。
第1曲冒頭、あの厚いオーケストレーションを突き抜け
満堂を響き渡らせるバカ声のテノールなど滅多にいない。
といってオケを抑えれば曲が生気を失う。
個人的には偶数曲よりも奇数曲が好きな「大地の歌」。
ギャンビルの健闘はよくわかったが、たとえどんなに素晴らしい演奏でも
脳内バーンスタイン=WPhil+キング+F-ディースカウ盤が相手では勝目なし。
四方・矢部/又紙/鈴木Va/田中・古川Vcと弦の首席陣以下
インバル=都響はいつものように高水準な演奏でブラヴォーの歓呼。
しかし拍手の途中でサントリーHを早めに失礼。
昔はそう思わなかったのだけれど、やはりこの曲の実演は苦手だ_(._.)_。
  1. 2012/03/31(土) 23:00:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#15-#16 書けば書いたで長いのだけれど | ホーム | 生まれて2回目>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yosibei.blog10.fc2.com/tb.php/776-6b06ebe3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。