YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

GW訪韓記

IMAG0339s.jpg IMAG0342.jpg IMAG0343s.jpg

今年のゴールデンウィーク、メインイベントは訪韓。
昨秋訪韓で食べた骨付きカルビの美味さをことあるごとに喧伝したせいか、
同行者を巻き込むことに成功(^^)。
前回は個人旅行で、コンサートの他は板門店しか行かなかった。
今回のコンセプトは普通の観光旅行。GW中で\44,860/人なら上出来でしょう。

【5/1(火)】
強烈な睡眠不足の中、羽田の国際線ターミナルへ。
NH1161は8:50発。早い。
今回もWEBチェックインを済ましてあるので、バーコードを見せてスムース。
羽田の新ターミナルから初めて出国、免税品店はともかく飲食店がショボいのはねぇ。
34Rからの離陸は眠くて良く覚えていない^^;。
前回のNRT/ICNは機内食が余りにショボくてビックリしたのだけれど、
さすが競争の激しい羽田路線、そこそこなボリューム(写真1)。

うつらうつらしながら金浦の14R?に着陸。初の金浦は、少し台北桃園に似ている。
ロビーに出るとガイドの所に出頭、となるわけだが、わずか4名でマイクロバスに。
台北やハワイの時は10組以上で混載になるのが当たり前なので、驚く。
新羅免税店に寄り(自分はブランド物に興味がないので、全く買うものナシ)
乙支路三街(写真2)のホテルに着いて解散、のはずが
「早いので(明洞の)ロッテ免税店で降ろしてあげます」と熟年ガイド女性のたまう。
なるほど、こうやってガイドさんコミッション稼ぐのね。
全くウォンを持っていないので、はす向かいのシティバンクへ。
邦銀は新生銀行以外、国際キャッシュカードをなかなか作らせないが、
こういう時現地通貨で降ろせるのはやはり便利。1KRW=0.074JPYでおろせた。
有利と言われる街中の両替商でさえ、0.084JPY位だったもんなぁ。

天気が非常によく、気温は26度。暑い。明洞を歩き回って、ロッテリアに入る。
どこの国でもそうだと思うが、海外で見る日本語はかなりヘン。
「自分勝手にえて食べるドリンク!デザート!」ってナニ?!(写真3)
夜に行ったコンビニもちとヘン
逆に言うと、日本で見るハングルや繁体字もなかなかなものだそうで、
翌日のガイドさんに聞いたら「ハングルがひっくり返っていたりする」そうだ。
ポケットwifiとGoogleMapを見ながら、歩き疲れつつホテルに戻って休憩。
途上国でなければ今やどこでも、電波とスマホとGoogleMapさえあれば何とかなる。
だから初回訪韓時の教訓で、今回は220Vと100Vのタップを持参。
同時6台まで充電可能にしておいた。バッチリ(^_^)v

韓国人の友人もこの日はメーデーで休日。ホテルで合流。
梨泰院のホテルでサウナに入り、人生初垢すり体験。
痛いのを我慢していたらヘンなところに力が入っていたようで、
翌日からモノがつかめないほど左腕の筋肉痛に悩むことに^^;。暑くて放心状態。
梨泰院から新林に移動、前回感激した骨付きカルビへ。美味し。お腹いっぱい。
そこから鍾路三街にタクシー移動。かなりの距離。
軽く飲んで、終電が早い友人とはお別れ。
ぶらぶら歩いてちと迷いつつホテルへ。就寝。

【5/2(水)】
IMAG0357.jpg DCF00454s.jpg IMAG0384s.jpg

午前中は日本で予約しておいたソウル市内観光へ。KRW55,000。
また10組くらいの混載を覚悟していたら、美人ガイドさんと我々2人だけ!
まずは昌徳宮。韓流ドラマには全く興味がないけれど、
首都の街中に静寂に満ちた旧王宮があるのは素晴らしい(写真1)。
ここでは社員旅行と思しき団体と鉢合わせ。
我らが美人ガイドのキムさんが説明しようとすると、
ハンドマイクを持った向こうのおばはんガイドが先に説明してしまい、苦笑い。
補足あります?と聞いた方が早い(^^)。
催行人員2人といえどもツアーはツアー、紫水晶工場へ。
よく日本のツアーでもこういう所に連れてこられるけれど、
水晶なんてそうしょっちゅう買うモンでしょか?
次に南大門市場。2人しかいないのでお姉さんは通訳状態(^^)v。
KRW120,000のメガネとaeropostale(おそらく本物ではない)のTシャツ購入。
前回は一人旅でそんな目には合わなかったのだけれど、
「お兄さん、すごくイイ偽物あるよ~」と呼び込みがかなりうざい(=_=)。
そんなにワタシは一目でわかる日本人なのでしょうか…。
このメガネ、その時は感じなかったけれど、全く手元が見えない(・_;)。
はいはい、老眼ですよ。フンだ。http://twitpic.com/9jpo74

ここから昨日通った新羅免税店のそばを通り、Nソウルタワー展望台へ。
台北101も素晴らしいが、ここは山の高台。素晴らしい眺望。http://twitpic.com/9jpoer
街を歩くソウルのカップルはかなり情熱的にデレデレしているが、
夜はもう、それはそれはお熱いそうである。
お互いの愛情に鍵をかける意味で、屋外の展望台には南京錠がたくさん(写真2)。
初夏の陽気と美しい緑、良い所だ。

ツアーはここで終わり、好きな所で降ろしてくれるとのことで鐘閣駅のそばまで。
友人お薦めのサムギョプサルのお店を捜す。
指定された住所はすぐわかったのだが、お店が2階だと気付かず20分近くウロウロ。
LINEでやりとりしつつ、「トクサムシデ」というお店へ。便利な世の中である。
自分は豚があまり好きではないのだけれど、よく焼くと美味しい(写真3)。
満足。豚肉大好きな同行者は言わずもがな。

3駅乗って東大門へ。ひたすらうろつく。http://yfrog.com/kjv6rguj
昨年一人で来た時は朝10時までしか時間がなく、まともに見て歩けなかった。
メンズカジュアルの店には、とにかくアバクロとホリスターがやたらたくさん。
「大きなサイズあるよ」とヒトの顔見りゃ物凄い勢いで売り込んでくるくせに、
こちらが下着を探してると言うと、アッチ行けと言わんばかりの店員^^;。
それにしてもマイクロボクサーがどこにもない。
台北では見るんだけど、韓国人はあんなパンツは履かんのか?
歩き疲れてスムージーなどいただく。日本に比べれば安い。

いったんホテルに帰って仮眠、また東大門に取って返す。
巨大なファッションビルをいくつも見て歩くが、
結局前回も行ったビルのお店でショートボクサー購入。
前回は意識しなかったけれど、高速道を壊して再生された清渓川。やはりきれい。
すっかり遅くなった晩メシは「ウネンナムチッ」で。
後で見たら日本語でも引っかかってきますな。自分はプルコギ。完食できず。
かなり迷ったものの、そこからまた鍾路三街のバーでウィスキーソーダ3杯。
またホテルまで歩く。もうGoogleMap首っぴきではありませぬ。就寝。

【5/3(木)】
今回、ホテルの薄い食パンが思いのほか美味く昨日同様3枚。
ピックアップは9時半。来るときはやたら元気だった若い女性2人組、ぐったり(^^)。
ビルの7Fだかにある土産物屋に寄り、かなり割高なのは承知の上ウォンを使い切る。
NH1162にも前日WEBチェックインしておいたのだが、カウンターでは紙の搭乗券。
出国前にやたら魅力的なアウトレットなどあるのだけれど、早々に出国。
中のコーヒーショップで日本円で払うと、550円も取られる^^;。

NH1162は32Rから出発、復路の機内食はベジタブルカレー
ま、日本人でカレーがダメって人は、自分でも1人しか知らない国民食ですしね。
うつらうつらしながら羽田34Lに着陸。東京は雨。やっぱり羽田は近くてよろしい。
ソウル、改めて気に入りました。
  1. 2012/05/06(日) 10:00:00|
  2. くらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<連休まとめ | ホーム | 連休前4月帰省記>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yosibei.blog10.fc2.com/tb.php/780-8e48121c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。