YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#18-19 京浜東北線上2題

img077.jpg

連休最終日は、蒲田のアプリコへ。
このホール、近いのに大ホールに入るのは初めてである。

#18【マイクロソフト管弦楽団第8回 ファミリーコンサート】
5月6日(日)13:30 大田区民会館 アプリコ(大ホール)
指揮-山口琢也 土屋伸一郎Fl
●ベートーヴェン…《エグモント》序曲
●メンデルスゾーン…序曲《フィンガルの洞窟》
●モーツァルト…フルート協奏曲第1番
●ニールセン…交響曲第2番《4つの気質》
1F16-26

1階センター上手寄りに陣取る。対向配置のオケ、このホールは良く鳴る。
《フィンガル》など、もう少しppがあると良さが際立つのだが。
Fl協奏曲、わずかにソロはピッチ低め、アマチュアの音量では
伴奏の6-6-6-6-3に埋もれてしまう箇所も。もっと刈り込んでもいいのかな。
ニールセンは曲名はともかく、全くの初聴。
傑作《不滅》に比べるとややまとまりがない。Tbの巧さが印象的だった。
終楽章はなかなかの聞きモノ。今度CDあさってみますかね。

#19【東京藝術大学《モーニング・コンサート2》】
5月10日(木)11:00 同大学・奏楽堂
指揮―澤和樹 藝大フィルハーモニア 古山真里江ob 新井貴盛vn
●R.シュトラウス…オーボエ協奏曲
●チャイコフスキー…ヴァイオリン協奏曲
29-4

上野のモーニングコンサート、昨年は地震の影響で入場制限がかかり
どうしても聞きたかったJ・マルクスが聴けなかったりした。
今日も早めに行ったのに、どうやらギリギリだったようで満席。

晴れた朝、シュトラウスのオーボエ協奏曲は最高だ。
澤教授指揮する10-8-6-4-2のバックは、やたら表情付けが細かいが
4年生の古山Obも、もう一つ高音に突き抜けた音があればと
ないものねだりはしたくなるけれど、臆することなく歌う。
途中からリードを頻繁に変え、これまで見たことのない光景で少し驚いた。

チャイコンは冒頭から同じく4年生新井の醒めた音が印象的。
ときおり音が無機質な感じがするので、彼ならバルトークの2番とか楽しみ。
中高音にキャラクターがある。1楽章終わりに拍手が起こった。
疲れが垣間見えたけれど、終楽章もよく突っ込んでいて好感が持てた。
この曲、ソロが上手ければ上手いほど、猛獣使いみたいに見えてくるものだけれど
なかなかの調教ぶりでした♪
それにしても奏楽堂、いいホールです。
  1. 2012/05/11(金) 10:00:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#20 ここだ! | ホーム | 連休まとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yosibei.blog10.fc2.com/tb.php/782-e8181ea1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。