YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#24 ブログとみずみずしいエルガーと。

以前はよく音楽家のブログを読んでいた。
最近はtwitterで済んでしまうので、あまり巡回することもなくなったけど。
東京都交響楽団Vc奏者、長谷部一郎のそれは
http://ichirocello.cocolog-nifty.com
さわやかな風が流れるような文章と写真が好きだ。
年間定期会員をやっていれば、当然顔も弾いているところも知っている。
でも、このひとがソロを、ましてエルガーを弾くとなれば
たとえバックがアマオケであったとしても必聴、そう思って蒲田まで。

#24 【虎の門交響楽団第87回定期演奏会】
5月25日(金)19:00 大田区民ホールアプリコ
指揮―米津俊広 長谷部一郎vc
●ベートーヴェン…序曲《コリオラン》
●エルガー…チェロ協奏曲
1F20-9

この曲、何故か実演では独人奏者に接することが多く
構築的ではあるけれどガチガチな抒情表現に同意できないことがある。
まぁ、デュ・プレの演奏という、どうにも立ちはだかる標準がある故だけれど。

割とひょこひょこと舞台に現れ、
凄く上手いとは言えないアマオケのバックながら
「ああ、やはりこのひとはこんなチェロを弾くんだ」
と最初のパッセージから素直に納得できる響きと歌いまわし。
ソリスト本人は技術的に不満もあろうが、必要以上に曲を大柄にせず
ヨーヨーの佇まいさえ窺える端正でみずみずしいエルガーだった。
そしてアンコールのバッハは心地良く響いた。

それにしてもアプリコ、いいホール。
そして金曜夜に定期を持てるアマオケって珍しい。
所用で前半のみで新宿に失礼する。
  1. 2012/05/28(月) 23:41:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#25 歌曲集的「大地の歌」 | ホーム | #22-23 超名曲とそうでもない曲と。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yosibei.blog10.fc2.com/tb.php/786-c5f683d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。