YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#32-33 相当面倒くさくなってまして。

IMAG0482.jpg aloysius.jpg

かなり更新をご無沙汰しておりました。
正直、書くのが相当面倒くさくなってまして。
とはいえ、書かないと次の話に行けないもので、昔なら5本分くらいをさらっと。
まずは演奏会2本。

#32 【フライハイト交響楽団第32回定期演奏会】
7月29日(日)14:00 東京オペラシティ・コンサートホール
指揮―井﨑正浩
●ラヴェル…道化師の朝の歌
●プロコフィエフ…交響曲第1番《古典》
●ショスタコーヴィチ…交響曲第5番《革命》
2FL1-42

この前の都響定期から《悲愴》が脳内を占めて困っていたので
《古典》と《革命》で日曜の午後、上書き消去を図る。
この楽団も第27回井﨑のABr7、第31回森口の「タラス・ブーリバ」ときて
第32回井﨑とおつきあい。
団から招待ハガキをいただいてチケット引き換え、2階バルコンは久々。
自分の想定よりも鋭い響きがしたので、ちと驚く。

《道化師の朝の歌》はアマオケで比較的弾かれる。
fg・tp・vcとソロが心地よく、《古典》はやや遅めで丁寧に。
井崎の指揮は相変わらず見やすく、音楽も誠実。
でも《古典》って見てくれより遥かに難しい曲だ、というのが分かりました。
《革命》は1楽章途中で早めのテンポを取ってダレないようにしていたり、
3楽章の木管が美しかったり。
アンコールはタヒチ・トロット。これで《革命》による上書きは成功。

#33 【東日本復興支援 子供の交流 友情の架け橋青少年コンサート2012《チョン・ミン(指揮) アロイシウス・オーケストラ 千葉県少年少女オーケストラ》】
8月02日(木)14:00 サントリーホール
指揮―チョン・ミン
●L.メーソン…主よみもとに近づかん
●マーラー…交響曲第1番《巨人》
2FRA2-17

夏に《巨人》も良かろうと、炎天下の六本木一丁目で当日券。
サントリー舞台上手直上のこの席、初めて座ってみると正面ガラッガラ。
いろんな事情はあるのだろうけれど、相当にもったいない。

配られたプログラムで、アロイシウス・オーケストラが
釜山の児童養護施設を基に作られたのを知る。
エル・システマの韓国版ということになるのかな。
指揮者(84年生)がチョン・ミョンフンの息子というのにもビックリ。
若いし相手が子供なので極端な解釈は取らないけれど、
いやはや棒さばきと表情が親父さんソックリ(^-^)。
1楽章でclやtimpが落ちてビックリしたけど、音楽そのものは直裁でまずは祝着。
しっかし親父さんに似てたなぁ。
終演後は韓国式ブラヴォー(ブラヴォー+ヒューヒュー+スタンディング)
が出ておりました。
  1. 2012/08/22(水) 23:55:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第18回訪沖 | ホーム | #31 普段は避けてる超名曲>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yosibei.blog10.fc2.com/tb.php/793-9926d1d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。