YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#45 きっとワタシに室内楽を慈しむ老後は来ない

img089.jpg

バリトン独唱に導かれ、アカペラで"Prayse ye, the god of golds!"と
「饗宴」の壮麗な響きがサントリーホールを満たす。
ああ、心底こういう音楽が好きなのだなぁとため息が出る。
高校の頃、大規模管弦楽曲を偏愛する自分にレコード店主は
室内楽をもっと聞くよう勧めた。
「老後の楽しみにするから」とその時答えたワタシだが、
きっと室内楽や器楽曲を慈しむ老後は来ない。

#45【東京交響楽団第604回定期演奏会《東響コーラス創立25周年記念②》】
10月28日(日)14:00 サントリーホール
指揮―尾高忠明 ローマン・トレーケルBr
●武満 徹…波の盆(TV音楽の演奏会用編曲版)
●マーラー…リュッケルトの詩による5つの歌曲
●ウォルトン…オラトリオ《ベルシャザールの饗宴》
1F22-17

武満の曲は優しい響きの曲で癒される感じだった。
リュッケルト歌曲集は普段敬遠しているのだけれど、
「この世に忘れられ」だけではない慈しむような音楽ではあった。
で、その頃から近隣席からの異臭?に気付き、
やや音楽に集中できなくなりつつあったのだけれど、ワタシも50前。
気をつけねば。

ウォルトン《ベルシャザールの饗宴》。
かつて沼尻=新星の実演を聞くためだけに上京したこともあるくらい好き。
尾高は今年プロムスでも演奏していて、YouTubeでも少し見たのだが
いやはや東響コーラスの素晴らしい力も相まってフォルムは一切崩れず、
即座に音源をリリースして欲しいくらい素晴らしかった。
以前フルシャ=都響《グラゴル・ミサ》の時もそうだったけれど
完璧な(と思える)演奏はあっけに取られている間に終わる。
そしてなぜか、いつも近隣に変わったお客がいる^^;。
  1. 2012/10/28(日) 16:58:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#46-47 ノンヴィブのブルックナーとうた | ホーム | #44 インバル 最終章へ?!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yosibei.blog10.fc2.com/tb.php/805-7ac80191
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。