YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#49-51 バロックオペラ~学生オケ~音大オケ

121123.jpg IMAG0761.jpg IMAG0762.jpg 121126.jpg IMAG0765.jpg

東京に住んで通算12年目、北とぴあというホールがあることは知っていた。
そこでマルカントワーヌ・シャルパンティエ(1643-1704)の音楽劇が上演され
なおかつ「捧腹絶倒」という惹句がTL上に見えなければ、
北区王子、たぶんこれからも縁がなかったかも。

#49【北とぴあ国際音楽祭2012 音楽付きコメディ《病は気から》】
11月23日(金)14:00 北とぴあ・さくらホール
マチルド・エティエンヌ エミリアーノ・ゴンザレス=トロ フルヴィオ・ベッティーニ 波多野睦美(以上声楽) 
指揮―寺神戸亮 レ・ボレアード〔ルイス=オッタヴィオ・サントスvn 他〕(管弦楽&合唱) 阿部一徳(俳優)
●シャルパンティエ…歌劇《病は気から》(セミ・ステージ形式、字幕付歌詞原語・台詞日本語上演)
2F-H30

自分にとっては、シャルパンティエと言えば「アクテオン」。洋菓子店ではない。
http://www.youtube.com/watch?v=jqP3Xv-_RmQ
ウィリアム・クリスティ=レザール・フロリサンのディスクを高校のころ聞かされ
群舞で奇声をあげ踊り狂うさまがそのまま録音されていて、かなり衝撃だった。
ま、「アクテオン」だけでお腹いっぱい、その他に展開はなかったのだけれど。

この上演、気鋭の演出家が素晴らしい舞台に仕上げたらしかった。
音楽は、寺神戸亮率いるレ・ボレアードと歌手陣が
「アクテオン」のディスクもかくやという美しさ。すっかり堪能させてもらった。
しかし舞台にもオペラ演出にも疎い自分としては、
バロック後期の優雅な音楽と日本語のドタバタ喜劇感も漂う演劇部分では、
どうにもコントラストを消化できず興を削がれたのであった。
若者たちのハッピーエンド、面白かったけどフランス語字幕だけじゃダメ(^^)?

中一日空けて、今度は東京でも城南。蒲田のアプリコへ。

#50【首都大学東京管弦楽団第51回定期演奏会】
11月25日(日)14:00 大田区民ホールアプリコ
指揮―増井信貴 中村翔太郎va
●ウェーバー…歌劇《魔弾の射手》序曲
●バルトーク…ヴィオラ協奏曲
●チャイコフスキー…交響曲第5番
1F21-12

年末にかけ学生オケの定期がいくつか続くけれど、旧都立大のオケは初めて。
正直、N響プロベーション中の中村翔太郎vaが弾く
バルトークの協奏曲だけ聞いて帰るつもりだった。
好演の部類でブラヴォー♪
今回気付いたがこのホール、高音域は意外に響かないようだ。
バルトークの響きにキツさがない。

気を良くしてチャイコの5番。
合唱指揮のひと、という印象の増井信貴が少し早めのテンポでオケを率い
若者たちは懸命にしかし立派についていく。
もっと正確で美しく均整の取れたチャイコの5番は世の中にたくさんあるけれど
この演奏会を最後に社会に出る若者たちのコトなど考えつつ、
50前のオッサンは終楽章の序奏で不覚にもウルウルしてしまった。

で、翌日は池袋の芸劇。で、こちらも若者たちとはいえプロの卵もいるはず。

#51【東京音楽大学シンフォニーオーケストラ定期演奏会】
11月26日(月)19:00 東京芸術劇場
指揮―高関健 清水和音p
●ラフマニノフ…ピアノ協奏曲第3番
●マーラー…交響曲第1番《巨人》
2F-J46

清水和音pで第3協奏曲、好みよりは速いけれど流石のクォリティ♪
休憩後は個人的に今年4回目の「巨人」。
音大生のオケだから、当然技術的な疵は少ない。最後は盛り上がって終わった。
けれど「巨人」をたぶん35年以上聴いてるオッサンからすると、
ここで飛び出す?という事故があったり意外な個所の不統一があったりで
「この子たち、この音楽を好きになれているの?!」と思う瞬間がいくつか。
これは高関がいくら丁寧に仕事しても、どうにもならないような。

この4日間で3公演。
ムリすればあと2つ聞けたけど、今年はあといくつ聴くのかねぇ。
  1. 2012/11/28(水) 23:47:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#52-53 地震の日にハーディングの真価を見る | ホーム | #48 名古屋でABr2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yosibei.blog10.fc2.com/tb.php/808-1655854a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。