YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#58 弦はいないベト7

535452_361041083990464_1917310445_n.jpg IMAG0805.jpg

オケ聞きの自分が吹奏楽の演奏会に行くときは、知人が出演する場合がほとんど。
しかしこの夜知り合いは皆無ながら、縁あってなかのZEROへ。

#58 【新交響吹奏楽団 第79回定期演奏会】
12月18日(火)19:00 なかのZERO・大ホール
指揮 松田浩則
●ブラームス…悲劇的序曲
●サン=サーンス…アルジェリア組曲
●ベートーヴェン…交響曲第7番
2F4-7

吹奏楽なのにAでチューニングされるのにまずは驚く。
舞台奥山台に管弦楽でいう通常の管打セクションが並び、
前方に弦5部を代替するVib・Cl・Fl・コルネット・Ob・Sax・Tub・Cbなどが位置する。
ジャン、ジャンと「悲劇的序曲」最初の和音が2つ鳴り響いてさらに驚く。
重心の低い、実に違和感のない音がした。
解釈からか楽器の特性からそういうテンポを取るのか、かなり重厚な音楽に。
未知のサン=サーンス作品も素直に楽しめた。オケでも聞いてみよう。

ベートーヴェンの7番。
今年実演では1回しか聞いていなかったけれど、やはりいい音楽だと再認識を迫る演奏。
2楽章の210小節当たりクレッシェンドをかける低音楽器群に
オケとは一味違う、しかし真っ当な音楽の迫力を感じた。
もちろん他の部分も感心。良い演奏会とのご縁に感謝。
  1. 2012/12/19(水) 23:02:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#59-60 今年の納めは山田和樹で。 | ホーム | #56-57 未だ知らぬ音楽と出会う>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yosibei.blog10.fc2.com/tb.php/812-5adb9011
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。