YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2012年を振り返る

4回目の年男となった2012年。
アイアンシェフを見ながら、実家の台所で日記を書く大晦日。
かなり痩せてあちこちで心配されるけれど別に何があったわけでもなく
本人的には昔の服も入るし特に問題ないです^_^。
ただ老眼が始まったもので、ついに遠近両用を使う羽目に。
本人にその意識がなくても、やはり老境は迫ってきているわけで。

諸事情で今年は7回も帰省しうちクルマ2回、
ソウルに沖縄本島、台北を再訪しコンサートも60公演。
他に名古屋と郡山、いろんな方と出会って呑み、
これで何を文句いうかという感じではありますな。感謝。

心に残った演奏会を以下時系列順に。
・2月6日 沼尻=読響 ストラヴィンスキー…3大バレエ
素晴らしいバランスと力感。沼尻再評価。
・3月9日 飯守=シティ ラヴェル…「スペイン時間」
聞いてて楽しい未知の作品との出会いに感謝。
5月10日 小泉=都響 ラヴェル…「ダブニスとクロエ」第2組曲
小泉の息もつかせぬ設計と都響各首席の妙技に感心。
6月8日 パーヴォ・ヤルヴィ=hr響 シベリウス…悲しきワルツ
日本のオケには出せない弦の艶やかな響きに溜息。
6月18日 大野和士=都響 バルトーク…管弦楽のための協奏曲
これも大野の設計と都響各首席の妙技に感心。
8月26日 服部容子p&冨平恭平 ストラヴィンスキー…《春の祭典》
ピアノでここまでできる!ということがわかった演奏。
10月12日 早島万紀子org フランク…交響的大曲/コラール第1番
日本のホールオルガンで聞くレファレンスと言うべき心温まる演奏。
10月18日 カンブルラン=読響 ラヴェル…「ダフニスとクロエ」全曲
カンブルランと読響の佳きマリアージュ。
10月28日 尾高=東響 ウォルトン…「ベルシャザールの饗宴」
完璧。何も言う事はない演奏。
11月25日 増井信貴=首都大菅 チャイコフスキー…交響曲第5番
大学生たちの熱いチャイ5に感涙。
12月7日 ハーディング=新日 ショスタコーヴィチ…交響曲第10番
ハーディングの才能を確認。
12月15日 フルシャ=都響 バルトーク…中国の不思議な役人
知らない曲ながら凄いものに立ち会ったことはわかった。

こう見ていくと10月は大豊作だったし、
ここにあげていないけれど「巨人」も5回も聞き、どのダフクロも好演だったと思う。
以前から思っていたことだけれど、
人は完璧な演奏を目前にするとただ呆然と席に座っているしかないものだ。
尾高のベルシャザールとフルシャのハンガリープログラムは
まさにそういう夜だった。

来たる年も、素晴らしい人にも土地にも音楽にも出会えるといいな。
今年もおつきあいありがとうございました。
皆様、良いお年をお迎えください。
  1. 2012/12/31(月) 22:54:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#1 謹賀新年 | ホーム | #59-60 今年の納めは山田和樹で。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yosibei.blog10.fc2.com/tb.php/814-cdf99704
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。