YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#12 演奏中のスマホとヒューヒュー

img100.jpg IMAG0980.jpg

10-13日でソウルに行ってきた。3度目の訪韓。
昨年GWの時はコンサートに行けなかったけれど、今回はチェロを聞いてきた。
控えめに言ってもきれいな女性チェリストだ。
舞台に出てくるなり気になるらしく、やたらエンドピンを弄る。

#12【イ・ユンキュン チェロ・リサイタル」
3月12日(火)20:00 芸術の殿堂IBK室内楽ホール
イ・ユンキュンVc パク・ミジュンPf
●ラフマニノフ…ヴォカリーズ
●ショスタコーヴィチ…チェロ・ソナタ
●ラフマニノフ…チェロ・ソナタ
1FB7-7

最初のヴォカリーズ、少々音程が甘い。
チェロ・ソナタ2曲は訪韓前YouTubeで予習していったが、パクのピアノはふたほぼ全閉。
どちらもただの伴奏になるべきではない作品なのに、
いまひとつピアニスティックな刺激に乏しい。
悪くはないけど、いま一つ温い感じだなぁと思って聞いていた
ショスタコーヴィチの3楽章がちょうど終わったところで、
前方上手の客のスマホから着信音が延々鳴り響く。
演奏者はそちらを見て微笑していたけれど、あれはかわいそう。
怒りが良い方に作用したのか、終楽章はピりっとした演奏に。

休憩後のラフマニノフは素直な演奏で安定していたけれど、
やはりピアノのふたはそのまま。
よりピアニスティックなパートだけに、ふたを開け
チェロパートとの対話をもう少し明確に聞いてみたかった気がする。

演奏が終わり、割とぬるい雰囲気だった客がブラヴォーと韓国式のヒューヒュー。
演奏中も点灯しているスマホ多し。
アンコールは讃美歌だったそうです。
  1. 2013/03/16(土) 11:49:51|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<3rd SEL | ホーム | #8+11 初聴アマオケ2団体>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yosibei.blog10.fc2.com/tb.php/822-602de900
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。