YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#15 芸術劇場の反響板

img101.jpg

ムリな構造でとかく評判の芳しくない芸劇のオルガンだが
改装後の音は聞いていなかった。
以前より全体に音がまとまったような印象を持っているが、さてオルガンは。

#15【第2回音楽大学フェスティバル・オーケストラ演奏会】
3月30日(土)15:00 東京芸術劇場
指揮―秋山和慶 音楽大学フェスティバル・オーケストラ(国立音楽大学、昭和音楽大学、洗足学園音楽大学、東京音楽大学、東京藝術大学、東邦音楽大学、桐朋学園大学、武蔵野音楽大学)
●R.シュトラウス…祝典前奏曲
●レスピーギ…交響詩《ローマの松》
●マーラー…交響曲第5番
2F-N31

「祝典前奏曲」はなかなか実演の機会に乏しく、
自分はCDにもなったエッティンガー=東フィル以来かと思う。
オルガンはやはり最初の和音から、ゴツゴツした感じ。
ストップ選択次第なのは言うまでもないが、いまひとつ美しくない。
席が2階後方正面ということもあり、超大編成ながら来るべき音圧を感じない。
この演奏会、指揮が秋山だったから来たのだが、
「松」もGM5もオーソドックスな音楽は健在。

オケも各々の音大オケを聞くとあららという場合が無きにしも非ずだけれど
さすがに選抜メンバーともなれば、プロにそう大きくひけはとらない。
Vcなどもう少し音色の統一感が欲しい場面もあったりしたけれど、
GM5では特に女性TrとHrが素晴らしかった。
ただ全体として無い物ねだりをすれば、
Trauermarschは緊張感豊かで良かったのだけれど、Stürmisch bewegtからどこか散漫。
1番Hrが指揮台の真ん前で吹いた3楽章から、終わりまでやたら長く感じた。

ま、この曲の前回実演は印象強烈インバル様である。
比較には極めて分が悪い。
マーラーでは使われないオルガン前に反響板を下ろしてあれば
響きがまとまって印象も変わったのでは、と思ったりもして。
  1. 2013/03/31(日) 22:16:56|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#16-17 英国産交響曲2題 | ホーム | #14 老人よお願いだからお静かに!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yosibei.blog10.fc2.com/tb.php/826-0f3af6e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。