YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#28 この席じゃわからんとです…。

s0719.jpg

この演奏会、苦手なベルクに重心のある演奏会なので迷っていたのだが
e+の特チケで見かけたので急遽行くことに。

#28 【東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団第271回定期演奏会《作曲家たちの眼にウィーンの街はどう映ったのだろう》】
7月19日(金)19:00 東京オペラシティ・コンサートホール
指揮―下野竜也 竹澤恭子vn
●マーラー…交響曲第10番第1楽章《アダージョ》
●ベルク…ヴァイオリン協奏曲
●モーツァルト…交響曲第41番《ジュピター》
1F5-31

しかし割り振られたこの席、慣れているオペラシティでも全く座ったことはない
上手3列目右端から2席目、目の高さが舞台床。当然音も偏ったバランス。

シティの《アダージョ》は07年2月14日、矢崎指揮の206回定期も聞いている。
http://yosibei.blog10.fc2.com/blog-entry-327.html
あの頃よりはシティの管も格段に安定したと思う。
ベルクの協奏曲については、竹澤恭子は上手いなぁと思うものの
作品を受け付けない聴き手は何も言えない。

休憩後の《ジュピター》、ノンビブ風味かつ質実な演奏に聞こえた。
が、シモーノ氏を見るのに大きく首を左に向けねばならず
2ndVn後方プルト諸氏の足しか見えないこの席では
何がどう起きていたのかいま一つ把握しかねる。
そこそこだった、としか言いようがない。ごめんなさい。
  1. 2013/07/21(日) 11:40:35|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#29-#32 7月後半コンサートまとめ | ホーム | #26-27 マエストロ・シモーノ降臨>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yosibei.blog10.fc2.com/tb.php/834-b9523ad8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。