YosibeiのB席

世の中には著名団体の来日公演でS席しか行かない、という方もいるでしょう。でもワタシは、今日も当たりを求めてごく普通の定期に向かいます。なお、コメント/トラックバックを可能にしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#39 ちーちーんぷいぷい♪を打ち消す

img116.jpg

小さな不満はあった都響定期とはいえ
やはりちーちーんぷいぷい♪の威力は凄まじく、頭の中でDS7が鳴り続ける日々。
本来この土曜日、狛江にも中野にも顔を出すべきコンサートがあり
また渋谷ではブロムシュテットの至芸が見られる日ながら、
自分は「聖アントニウスの誘惑」でちーちーんぷいぷい♪を打ち消すことにした。

#39【豊島区管弦楽団第78回定期演奏会】
9月28日(土)18:00 練馬文化センター
指揮―和田一樹
●アルヴェーン…スウェーデン狂詩曲第1番《夏至の徹夜祭》
●ヒンデミット…交響曲《画家マティス》
1FC31

練文はこれまで数度の経験であまり響かないので、他のホールとは違い
背後から音が返ってくるのを狙いかなり前に座ることにしている。
これだけ前に座るとVn+Va諸氏の靴が目の前ということになり、
意外にラフな靴を履いているなとか気付くこと多し。

アルヴェーンは初聴。プログラムノート通り「今日の料理」っぽいメロディに微笑む。
「画家マティス」は何回もアマオケで聞いているが、良く鳴る曲だ。
ヒンデミットはやはりオーケストレーションが巧いのだろう。
「天使の奏楽」16のTrbはffの強奏がカッコよかったし
和田が「聖アントニウス」で10の直前のパウゼを長くとるのも面白かった。
高らかに「ハレルヤ」が奏されジャーンと気持ちよくキマって、満足。
後半のJB4は失礼して新宿。痛飲。
  1. 2013/09/30(月) 10:00:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#40 一年越しの歌合戦、東響コーラスと新国合唱団 | ホーム | そうだ福岡行こう>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yosibei.blog10.fc2.com/tb.php/841-fab1866e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。